七赤金星の2022年の運勢と吉方位


七赤金星は、大正10年、昭和5年、14年、23年32年、41年、50年、59年、平成5年、14年、23年、令和2年の立春から翌年の節分までに生まれた方です。

七赤金星の2022年の年盤

七赤金星の2022年の運勢を先読み

2022年は、七赤金星にとって素敵な出会いと貴重な体験がある年です。

今年は、たとえ結果が出なくても積極的に全力で取り組むことで貴重な気づきを得られる年となります。

また、どんな依頼でも断らないで取り組むことで、掛け替えのない公私におけるパートナーとの出会いが・・・・

今年は協調性を大切にし、サポート力を高める年でもあります。

年盤の吉方位は、「北」「東北」となります。

「北」の方位を活用することで直観力が上がり良い企画やアイデアで好評価されます。

「東北」の方位を活用することで問題が解決し何ごとも進展し始めます。

 本命星・月命星の確認はこちらで
2022年のラッキーカラー

2022年の七赤金星のラッキーカラー

2022年に七赤金星の運気の安定に役に立つラッキーカラー

色の心理的効果は各分野で研究され検証されています。

また、日常においてラッキーカラーを活用する開運法に注目が集まりつつあります。

九星気学でも方位学とともに各方位の持つ守護色を使った開運法が密かに研究され実践され始めています。

当サイトでは主に年盤、月盤と基本の九星の配置を示す後天定位盤から運勢や吉方位やラッキーカラーを導き出していきます。

上の後天定位盤(こうてんじょういばん)で一番基本となる九星の配置ですので覚えましょう。

後天定位盤では、「北」に一白水星、「西南」に二黒土星、「東」に三碧木星、「東南」に四緑木星、中宮(真ん中)に五黄土星、「西北」に六白金星、「西」に七赤金星、「東北」に八白土星、「南」に九紫火星の配置となります。

この後天定位盤は、縦・横・斜めのどの列も数字の合計が15となる魔法陣となり、もっとも調和のとれた配置といえます。

後天定位盤の中宮と各方位には重要な意味を持つ色の「守護色」があり、それが人生に大きな影響を与えるラッキーカラーです。

各本命星ごとのラッキーカラーは、「北」の一白水星は「白色」、「西南」の二黒土星は「朱色」、「東」の三碧木星は「青色」、「東南」の四緑木星は「緑色」、中宮(真ん中)の五黄土星は「黄色」、「西北」の六白金星は「灰色」、「西」の七赤金星は「赤色」、「東北」の八白土星は「茶色」、「南」の九紫火星は「紫色」がラッキーカラーとなります。

後天定位盤の各方位の「守護色」と和色名

●「北」一白水星のラッキーカラー(守護色)は「白色」(白・しろ)

●「西南」二黒土星のラッキーカラー(守護色)は「朱色」(蜜柑色・みかんいろ)

●「東」三碧木星のラッキーカラー(守護色)は「青色」(紺碧・こんぺき)

●「東南」四緑木星のラッキーカラー(守護色)は「緑色」(常盤色・ときわいろ)

●「中宮」五黄土星のラッキーカラー(守護色)は「黄色」(中黄・ちゅうき)

●「西北」六白金星のラッキーカラー(守護色)は「灰色」(灰青・はいあお)

●「西」七赤金星のラッキーカラー(守護色)は「赤色」(猩々緋・しょうじょうひ?)

●「東北」八白土星のラッキーカラー(守護色)は「茶色」(紅海老茶・べにえびちゃ)

●「南」九紫火星のラッキーカラー(守護色)は「紫色」(菖蒲色・しょうぶいろ)

2022年の七赤金星の使えるラッキーカラーは「赤色」です。

「灰色」は、後天定位盤上の七赤金星の守護色でこの世に命を授かったときから命を全うするまで生涯のラッキーカラーです。

本命星から授かるラッキーカラーは、健康祈願や厄除け、家内安全など生涯を通じての願いをかなえるパワーを授けてくれます。

2022年は五黄土星中宮年のため年盤からのラッキーカラーも「赤色」となります。

2022年の年盤から授かったラッキーカラーは、流行性のあるアウターや下着や靴下に取り入れるとよいでしょう。

このラッキーカラーをメイクやネイルに継続的に取り入れることでよい気の流れを呼び心の安定を手に入れることが出来ます。

受験や資格試験、面接などの努力の集大成の日に活用することも効果的です。

また、玄関マットや歯ブラシ、ランチマット、箸置きなどに使ってもよいかもしれません。

 七赤金星の2022年のラッキーカラーを詳しく

七赤金星の2022年の恋愛・結婚運、仕事運、金運、健康運

恋愛運は、

周囲からの注目度が上がる2022年は、異性からの注目も集まります。

異性からのアプローチも多い年ですが、危険な異性の影も見え隠れします。

冷静に厳しくチェックできる人を見る目を養いましょう。

今年は、七赤金星にとって大切な人と絆を深めるには最適な年でもあります。

結婚運は、

2022年は、思いがけない異性からのアプローチの予感があります。

今年は、素直な気持ちで受け入れることが結婚運アップにつながる年です。

迷いや考えすぎは運気を下げる原因になります。

仕事運は、

社交性が花開き将来につながる人脈も広がります。

裏表ない対応でコミュニケーションを密にすれば、新たなチャンスも手にできるでしょう。

ただ、今年は忙しさからのうっかりミスが多くなる年でもあるので、慎重な確認を心がけましょう。

金運は、

2022年の七赤金星の金運は、波乱含みです。

私生活での交際費が膨らみ頭を悩ますでしょう。

また、予期せぬ出費の兆しもあるので普段の生活での節約を心がけましょう。

健康運は、

2022年の七赤金星の健康運は低調で、生活のリズムも乱れがちとなります。

適度の運動と十分な休養で心と体をリフレッシュしましょう。

今年は、腰や肩のケガや不調に注意しましょう。
七赤金星の2021年〜2025年の運勢グラフ

七赤金星の2022年〜2025年の運勢

七赤金星の2022年・2023年・2024年・2025年の運勢を先読み

壬寅(みずのえとら)五黄土星の2022年の七赤金星は気楽宮の年となるため、積み重ねてきた努力が評価される年です。

また、目上の援助者が、ステップアップのチャンスをくれる兆しもあります。

癸卯(みずのとのう)四緑木星の2023年の七赤金星は変化宮の年となるため、周囲との協調性を大切にし、縁の下の力持ちに徹することで運気が安定する年となります。

甲辰(きのえたつ)三碧木星の2024年の七赤金星は頂上宮の年となるため、積極的な言動がチャンスを引き寄せる年となります。

欲を出したり迷ったりするとチャンスを逃がす結果となります。

乙巳(きのとのみ)二黒土星の2025年の七赤金星は困難宮の年となるため、運気が低迷し、迷いが生じやすい年となります。

迷いながら行動するとトラブルを引き寄せる原因となる年でもあります。
七赤金星の2022年1月〜6月の運勢グラフ

七赤金星の2022年1月・2月・3月・4月・5月・6月の運勢グラフと運勢ダイジェスト


2022年1月(辛丑三碧木星の月)

5日小寒(しょうかん)より

本命星が「南」に廻座する1月は、何ごとにも全力で取り組むことが必要な月です。

手抜きは大きなトラブルを引き寄せます。

また、興味が多方面に向かう月ですが、二兎を追うとすべてを台無しにします。

今月の使える吉方位は、ありません。

2022年2月(壬寅二黒土星の月)

4日の立春(りっしゅん)より壬寅五黄土星年となります。

本命星が「北」に廻座する2月は、予期せぬ出来事の予感がある月です。

備えあれば憂いなしで、何ごとも準備を怠らないことが大切です。

また、今月は計画の方向転換をするには良い月です。

今月の吉方位は、ありません。

2022年3月(癸卯一白水星の月)

5日啓蟄(けいちつ)より

本命星が「西南」に廻座する3月は、努力を重ねてきた人には嬉しい評価が得られる月となります。

また、努力を怠ってきた人には厳しい現実が待っています。

どちらにせよ現実を真摯に受け入れ次に備える月でもあります。

今月の吉方位は、「西北」となります。

2022年4月(甲辰九紫火星の月)

5日清明(せいめい)より

本命星が「東」に廻座する4月は、才能発揮の月となります。

今月のテーマは、「協調性」です。

自己主張を抑えれば周囲の協力を得て何ごとも順調に進展します。


今月の吉方位は、「西南」となります。

2022年5月(乙巳八白土星の月)

5日立夏(りっか)より

本命星が「東南」に廻座する5月は、努力が好評価される月です。

その喜びを皆と分かち合うことで次の高みを目指せます。

有頂天になると思わぬ落とし穴に・・・・・・

今月の使える吉方位は、ありません。

2022年6月(丙午七赤金星の月)

6日芒種(ぼうしゅ)より

本命星が「中宮」に廻座する6月は、現状を分析して自分の背丈に合った目標を立てる月です。

高望みは問題の解決を難しくするだけです。

また、今月は大きな情報がもたらされる月ですが、損得だけで行動すると後悔を呼びます。

今月の吉方位は、「西北」「東北」となります。


七赤金星の今日の運勢御神籤を引く