四緑木星の2022年の運勢と吉方位


四緑木星は、大正4年、13年、昭和8年、17年、26年35年、44年、53年、62年、平成8年、17年、26年の立春から翌年の節分までに生まれた方です。

四緑木星の2022年の年盤

四緑木星の2022年の運勢を先読み

四緑木星の2022年(令和4年)の運勢。

2022年は、四緑木星にとって根気を試される年です。

根気強く続けるうちに、物事を継続することの本当の意味に気づくことができる年でもあります。

今年は、よりハードルの高いことにチャレンジしましょう。

自分が思っている以上の自分の力に驚くかもしれません。

年盤の吉方位は、「南」「東」「北」となります。

「南」の方位を活用することで思考力が活性化され企画立案で能力を発揮します。

「東」の方位を活用することで迷いがなくなり積極的に行動出来ます。

「北」の方位を活用することで新しい恋愛のチャンスが巡ってきます。

 本命星・月命星の確認はこちらで
2022年のラッキーカラー

2022年の四緑木星のラッキーカラー

2022年に四緑木星の運気の安定に役に立つラッキーカラー

色の心理的効果は各分野で研究され検証されています。

また、日常においてラッキーカラーを活用する開運法に注目が集まりつつあります。

九星気学でも方位学とともに各方位の持つ守護色を使った開運法が密かに研究され実践され始めています。

当サイトでは主に年盤、月盤と基本の九星の配置を示す後天定位盤から運勢や吉方位やラッキーカラーを導き出していきます。

上の後天定位盤(こうてんじょういばん)で一番基本となる九星の配置ですので覚えましょう。

後天定位盤では、「北」に一白水星、「西南」に二黒土星、「東」に三碧木星、「東南」に四緑木星、中宮(真ん中)に五黄土星、「西北」に六白金星、「西」に七赤金星、「東北」に八白土星、「南」に九紫火星の配置となります。

この後天定位盤は、縦・横・斜めのどの列も数字の合計が15となる魔法陣となり、もっとも調和のとれた配置といえます。

後天定位盤の中宮と各方位には重要な意味を持つ色の「守護色」があり、それが人生に大きな影響を与えるラッキーカラーです。

各本命星ごとのラッキーカラーは、「北」の一白水星は「白色」、「西南」の二黒土星は「朱色」、「東」の三碧木星は「青色」、「東南」の四緑木星は「緑色」、中宮(真ん中)の五黄土星は「黄色」、「西北」の六白金星は「灰色」、「西」の七赤金星は「赤色」、「東北」の八白土星は「茶色」、「南」の九紫火星は「紫色」がラッキーカラーとなります。

後天定位盤の各方位の「守護色」と和色名

●「北」一白水星のラッキーカラー(守護色)は「白色」(白・しろ)

●「西南」二黒土星のラッキーカラー(守護色)は「朱色」(蜜柑色・みかんいろ)

●「東」三碧木星のラッキーカラー(守護色)は「青色」(紺碧・こんぺき)

●「東南」四緑木星のラッキーカラー(守護色)は「緑色」(常盤色・ときわいろ)

●「中宮」五黄土星のラッキーカラー(守護色)は「黄色」(中黄・ちゅうき)

●「西北」六白金星のラッキーカラー(守護色)は「灰色」(灰青・はいあお)

●「西」七赤金星のラッキーカラー(守護色)は「赤色」(猩々緋・しょうじょうひ?)

●「東北」八白土星のラッキーカラー(守護色)は「茶色」(紅海老茶・べにえびちゃ)

●「南」九紫火星のラッキーカラー(守護色)は「紫色」(菖蒲色・しょうぶいろ)

2022年の四緑木星の使えるラッキーカラーは「緑色」です。

「緑色」は、後天定位盤上の四緑木星の守護色でこの世に命を授かったときから命を全うするまで生涯のラッキーカラーです。

本命星から授かるラッキーカラーは、健康祈願や厄除け、家内安全など生涯を通じての願いをかなえるパワーを授けてくれます。

2022年は五黄土星中宮年のため年盤からのラッキーカラーも「緑色」となります。

2022年の年盤から授かったラッキーカラーは、流行性のあるアウターや下着や靴下に取り入れるとよいでしょう。

このラッキーカラーをメイクやネイルに継続的に取り入れることでよい気の流れを呼び心の安定を手に入れることが出来ます。

受験や資格試験、面接などの努力の集大成の日に活用することも効果的です。

また、玄関マットや歯ブラシ、ランチマット、箸置きなどに使ってもよいかもしれません。

 四緑木星の2022年のラッキーカラーを詳しく

四緑木星の2022年の恋愛・結婚運、仕事運、金運、健康運

恋愛運は、

自分から一歩を踏みだす勇気が大切な年です。

2022年は、行動することで恋愛運はアップしていきます。

行動すればいたるところに出会いのチャンスが待っていることに気が付くでしょう。

その中には、出会って即結婚を意識するような異性も・・・・・

結婚運は、

2022年は、良縁に恵まれる年となります。

今年は、出会いを求めて積極的に行動することで結婚運もアップする年です。

第一印象だけで相手を判断しないことが大切です。

仕事運は、

日頃の努力を認められ、その才能を高く評価される年となります。

また、2022年は起業や独立のチャンスもめぐってきます。

迷ったら素直に周囲の人に相談しましょう。

金運は、

2022年の四緑木星の金運は、好調ですが予期せぬ出費も多い年となります。

資格取得など自分への投資が将来の金運アップにつながります。

また、交際費が膨らむ傾向もあるので堅実な金銭管理を心がけましょう。

健康運は、

2022年の四緑木星の健康運は、一見好調のようでもトラブルの兆しが見えかけれする年となります。

ストレスと過労からの体調不良がチャンスを逃が原因とならないように、早めの健康管理が大切です。
四緑木星の2021年〜2025年の運勢グラフ

四緑木星の2022年〜2025年の運勢

四緑木星の2022年・2023年・2024年・2025年の運勢を先読み

壬寅(みずのえとら)五黄土星の2022年の四緑木星は福運宮の年となるため、何ごとも協調性を大切にし、謙虚に努力すれば、思い通りの結果が得られる年です。

癸卯(みずのとのう)四緑木星の2023年の四緑木星は中宮の年となるため、積極的な行動を控え、冷静で慎重な判断が求められる年となります。

甲辰(きのえたつ)三碧木星の2024年の四緑木星は強運宮の年となるため、チャンスに恵まれる年回りで、信念を持った決断がチャンスを生かす年となります。

乙巳(きのとのみ)二黒土星の2025年の四緑木星は気楽宮の年となるため、まじめに努力をすれば、援助者を得てよい結果を得られる年となります。
四緑木星の2022年1月〜6月の運勢グラフ

四緑木星の2022年1月・2月・3月・4月・5月・6月の運勢グラフと運勢ダイジェスト


2022年1月(辛丑三碧木星の月)

5日小寒(しょうかん)より

本命星が「西北」に廻座する1月は、先手必勝の月です。

迷いはチャンスを逃がす原因となります。

チャンスで迷わないように十分な準備を心がけましょう。

今月の吉方位は、ありません。

2022年2月(壬寅二黒土星の月)

4日の立春(りっしゅん)より壬寅五黄土星年となります。

本命星が「西」に廻座する2月は、仕事も恋愛もチャンスが巡ってきます。

公私のけじめをつけて、どちらも全力投球で・・・・・

今月の吉方位は、ありません。

2022年3月(癸卯一白水星の月)

5日啓蟄(けいちつ)より

本命星が「東北」に廻座する3月は、計画変更はトラブルの原因となります。

予定通りに堅実に進むことが結果的には近道となります。

目上の人や同僚に協力を求めると何ごとも時間はかかっても良い方向に進展します。

今月の吉方位は、ありません。

2022年4月(甲辰九紫火星の月)

5日清明(せいめい)より

本命星が「南」に廻座する4月は、暗剣殺が重なるため先の読めない月となります。

自己顕示欲が強く表に出るときです。

今月は一歩引いてサポート役に徹し、信頼を得ることが必要な月です。

今月の吉方位は、ありません。

2022年5月(乙巳八白土星の月)

5日立夏(りっか)より

本命星が「北」に廻座する5月は、何ごとも裏目に出やすい月です。

臨機応変に対応することで、ピンチをチャンスに変えましょう。

今月の使える吉方位は、ありません。

2022年6月(丙午七赤金星の月)

6日芒種(ぼうしゅ)より

本命星が「西南」に廻座する6月は、控えめな言動が求められる月です。

何ごとにも根気よく努力すれば、チャンスも訪れます。

今月はこだわりを捨てることが大切です。

今月の吉方位は、ありません。


四緑木星の今日の運勢御神籤を引く