五黄土星の2022年の運勢と吉方位


五黄土星は、大正12年、昭和7年、16年、25年34年、43年、52年、61年、平成7年、16年、25年の立春から翌年の節分までに生まれた方です。

五黄土星の2022年の年盤

五黄土星の2022年の運勢を先読み

2022年は、五黄土星にとって閉塞感からの焦りや不安が募る年となります。

自分の才能や能力を認めてほしいという気持ちが強く自己主張が強くなる傾向も・・・・

今年は、謙虚に人の意見を聞くことから始めましょう。

虚栄心や思い込みが消えた時初めて、五黄土星の才能や能力を最大限に生かせる環境を手に入れるでしょう。

年盤の吉方位は、「西」「東北」「南」となります。

「西」の方位を活用することで社交性が上がり仕事運、恋愛運がアップします。

「東北」の方位を活用することで問題の解決策が見つかり停滞していたことが進展し始めます。

「南」の方位を活用することで集中力が高まり積極的に行動できるようになります。

 本命星・月命星の確認はこちらで
2022年のラッキーカラー

2022年の五黄土星のラッキーカラー

2022年に五黄土星の運気の安定に役に立つラッキーカラー

色の心理的効果は各分野で研究され検証されています。

また、日常においてラッキーカラーを活用する開運法に注目が集まりつつあります。

九星気学でも方位学とともに各方位の持つ守護色を使った開運法が密かに研究され実践され始めています。

当サイトでは主に年盤、月盤と基本の九星の配置を示す後天定位盤から運勢や吉方位やラッキーカラーを導き出していきます。

上の後天定位盤(こうてんじょういばん)で一番基本となる九星の配置ですので覚えましょう。

後天定位盤では、「北」に一白水星、「西南」に二黒土星、「東」に三碧木星、「東南」に四緑木星、中宮(真ん中)に五黄土星、「西北」に六白金星、「西」に七赤金星、「東北」に八白土星、「南」に九紫火星の配置となります。

この後天定位盤は、縦・横・斜めのどの列も数字の合計が15となる魔法陣となり、もっとも調和のとれた配置といえます。

後天定位盤の中宮と各方位には重要な意味を持つ色の「守護色」があり、それが人生に大きな影響を与えるラッキーカラーです。

各本命星ごとのラッキーカラーは、「北」の一白水星は「白色」、「西南」の二黒土星は「朱色」、「東」の三碧木星は「青色」、「東南」の四緑木星は「緑色」、中宮(真ん中)の五黄土星は「黄色」、「西北」の六白金星は「灰色」、「西」の七赤金星は「赤色」、「東北」の八白土星は「茶色」、「南」の九紫火星は「紫色」がラッキーカラーとなります。

後天定位盤の各方位の「守護色」と和色名

●「北」一白水星のラッキーカラー(守護色)は「白色」(白・しろ)

●「西南」二黒土星のラッキーカラー(守護色)は「朱色」(蜜柑色・みかんいろ)

●「東」三碧木星のラッキーカラー(守護色)は「青色」(紺碧・こんぺき)

●「東南」四緑木星のラッキーカラー(守護色)は「緑色」(常盤色・ときわいろ)

●「中宮」五黄土星のラッキーカラー(守護色)は「黄色」(中黄・ちゅうき)

●「西北」六白金星のラッキーカラー(守護色)は「灰色」(灰青・はいあお)

●「西」七赤金星のラッキーカラー(守護色)は「赤色」(猩々緋・しょうじょうひ?)

●「東北」八白土星のラッキーカラー(守護色)は「茶色」(紅海老茶・べにえびちゃ)

●「南」九紫火星のラッキーカラー(守護色)は「紫色」(菖蒲色・しょうぶいろ)

2022年の五黄土星の使えるラッキーカラーは「黄色」です。

「黄色」は、後天定位盤上の五黄土星の守護色でこの世に命を授かったときから命を全うするまで生涯のラッキーカラーです。

本命星から授かるラッキーカラーは、健康祈願や厄除け、家内安全など生涯を通じての願いをかなえるパワーを授けてくれます。

2022年は五黄土星中宮年のため年盤からのラッキーカラーも「黄色」となります。

2022年の年盤から授かったラッキーカラーは、流行性のあるアウターや下着や靴下に取り入れるとよいでしょう。

このラッキーカラーをメイクやネイルに継続的に取り入れることでよい気の流れを呼び心の安定を手に入れることが出来ます。

受験や資格試験、面接などの努力の集大成の日に活用することも効果的です。

また、玄関マットや歯ブラシ、ランチマット、箸置きなどに使ってもよいかもしれません。

 五黄土星の2022年のラッキーカラーを詳しく

五黄土星の2022年の恋愛・結婚運、仕事運、金運、健康運

恋愛運は、

2022年の恋愛運を安定させるには嫉妬や執着を手放すことが必要です。

今年の出会いのチャンスは多くても、相手にとってあなたは重たい存在かも・・・・

二人の関係を客観的に見て適度の距離感をもって接することが大切です。

そして、相手からその距離感を縮めてくるのを待ちましょう。

結婚運は、

2022年は、時間をかけて絆を深めてきた二人には結婚のチャンスが訪れる年です。

ただ、過去の異性問題再燃して結婚の邪魔になる兆しもあるので注意しましょう。

仕事運は、

物事が進展しない現状に自分の力のなさを実感する年です。

背伸びしないで自分の背丈に合わせた取り組みが、チャンスや問題解決のヒントをくれます。

幾つものことに同時に手を出さず、一つのことに集中しましょう。

今年は、次なるチャンスをつかみ取るための強い精神力と行動力を養っておきましょう。

金運は、

2022年の五黄土星の金運は、仕事運に比例して上下する年です。

臨時収入は期待できますが、予定外の出費も多い年です。

堅実な金銭管理を心がけましょう。

健康運は、

2022年の五黄土星の健康運は、疲労とストレスの蓄積がピークとなる年です。

無理をせず適度の休養とストレスの解消を心がけましょう。

今年はストレスからの消化器系の不調や過労からの体調不良には気をつけましょう。
五黄土星の2021年〜2025年の運勢グラフ

五黄土星の2022年〜2025年の運勢

五黄土星の2022年・2023年・2024年・2025年の運勢を先読み

壬寅(みずのえとら)五黄土星の2022年の五黄土星は中宮の年となるため、吉凶相半ばの運気で、冷静さ慎重さが運気を左右する年となります。

癸卯(みずのとのう)四緑木星の2023年の五黄土星は強運宮の年となるため、迷わず勇気をもって決断すれば、チャンスを引き寄せることができる年となります。

甲辰(きのえたつ)三碧木星の2024年の五黄土星は気楽宮の年となるため、重ねてきた努力を基礎として、物事を発展させていく年となります。

乙巳(きのとのみ)二黒土星の2025年の五黄土星は変化宮の年となるため、自己主張を慎み慎重な言動が必要な年となります。
五黄土星の2022年1月〜6月の運勢グラフ

五黄土星の2022年1月・2月・3月・4月・5月・6月の運勢グラフと運勢ダイジェスト


2022年1月(辛丑三碧木星の月)

5日小寒(しょうかん)より

本命星が「西」に廻座する1月は、何ごとも思い通りに進展する月です。

周囲への気配りを大切にすれば周囲の人のサポートを得て大きな成果を手にできます。

今月の吉方位は、「北」「東北」となります。

2022年2月(壬寅二黒土星の月)

4日の立春(りっしゅん)より壬寅五黄土星年となります。

本命星が「東北」に廻座する2月は、勘違いや連絡ミスからのトラブルが心配な月です。

何ごとも欲を出し過ぎると元も子もなくす結果となります。

旨い話には必ず裏があるので気をつけましょう。

今月の吉方位は、「南」となります。

2022年3月(癸卯一白水星の月)

5日啓蟄(けいちつ)より

本命星が「南」に廻座する3月は、吉凶が入り混じった月となります。

思いがけないチャンスに喜んでいたら、落とし穴にはまることも・・・・

慎重で堅実な行動が求められる月です。

今月の吉方位は、「西南」「西北」となります。

2022年4月(甲辰九紫火星の月)

5日清明(せいめい)より

本命星が「北」に廻座する4月は、やる気が空回りして成果の上がらない月です。

また、人の責任もすべて押し付けられる兆しのある月でもあります。

安請け合いは後悔の元となります。

今月の吉方位は、「西南」「西」となります。

2022年5月(乙巳八白土星の月)

5日立夏(りっか)より

本命星が「西南」に廻座する5月は、調子の乗っていると足元をすくわれる月です。

何ごとも人を当てにせず、自分で対応すれば運気も安定します。

目上の人や先輩を立てて行動すれば大きなトラブルにはなりません。

今月の使える吉方位は、ありません。

2022年6月(丙午七赤金星の月)

6日芒種(ぼうしゅ)より

本命星が「東」に廻座する6月は、気が滅入る月となります。

何ごとも地道に確実に歩を進める気持ちが大切です。

今月は企画力や直観力を発揮するチャンスの月でもあります。

今月の吉方位は、「南」「西北」となります。


五黄土星の今日の運勢御神籤を引く