2020年~2025年の運勢グラフ


九星気学の運勢グラフで運気の流れを知ろう!

あなたの2020年~2025年の九星気学運気グラフで、

今年のあなたの運気が9年サイクルのどの位置にあるのかを知り、

今後どのようなサイクルで運気が流れていくのかを知ることは夢実現の近道です。


運気は、静観宮→強運宮→気楽宮→変化宮→頂上宮→困難宮→準備宮→開運宮→福運宮の順に巡ります。


この運気の流れを理解して、今すべきことを決断していけば不安や迷いも少なくなるでしょう。

運気グラフで運気の流れを知るだけで、幸運を引き寄せる方法が見えはじめます。


九星気学の運勢グラフで、あなたの運勢の流れを知り「未来計画」を立ててみませんか?


一白水星の2020年~2025年の運勢グラフ

一白水星の2020年~2025年の運勢グラフ


一白水星の2020年・2021年・2022年・2023年・2024年・2025年の運勢を先読み

庚子(かのえね)七赤金星の2020年の一白水星は変化宮の年となるため、

周囲への心配りを大切にし慎重な言動を心がけましょう。

年盤の吉方位は、「北」「東南」となります。


辛丑(かのとうし)六白金星の2021年の一白水星は頂上宮の年となるため、

何ごとも迷いが生じないように充分に準備することを心がけましょう。

年盤の吉方位は、「東」となります。


壬寅(みずのえとら)五黄土星の2022年の一白水星は困難宮の年となるため、

運気が低迷します。トラブルを引き寄せないよう心引き締めて行動しましょう。

年盤の吉方位は、「西」「西北」「東」「東南」となります。


癸卯(みずのとのう)四緑木星の2023年の一白水星は準備宮の年となるため、

何ごとも冒険は避け基本に忠実な行動を心がけましょう。

年盤の吉方位は、ありません。


甲辰(きのえたつ)三碧木星の2024年の一白水星は開運宮の年となるため、

準備を重ねてきた計画に向かって行動を起こす年と心得ましょう。

年盤の吉方位は、「北東」「南」となります。


乙巳(きのとのみ)二黒土星の2025年の一白水星は福運宮の年となるため、

積み重ねてきた努力に大きな成果がもたらされる年、まじめにより一層の努力を心がけましょう。

年盤の吉方位は、「南」「西」「北」となります。


●→2020年の一白水星の運勢を詳しく見る

二黒土星の2020年~2025年の運勢グラフ

二黒土星の2020年~2025年の運勢グラフ


二黒土星の2020年・2021年・2022年・2023年・2024年・2025年の運勢を先読み

庚子(かのえね)七赤金星の2020年の二黒土星は頂上宮の年となるため、

何ごとも迷いが生じないように充分に準備することを心がけましょう。

年盤の吉方位は、「北東」「南西」となります。


辛丑(かのとうし)六白金星の2021年の二黒土星は困難宮の年となるため、

運気が低迷します。トラブルを引き寄せないよう心引き締めて行動しましょう。

年盤の吉方位は、「東」「南」となります。


壬寅(みずのえとら)五黄土星の2022年の二黒土星は準備宮の年となるため、

何ごとも基本に忠実な行動を心がけ思い付きでの行動は慎みましょう。

年盤の吉方位は、「南」「北」「東南」となります。


癸卯(みずのとのう)四緑木星の2023年の二黒土星は開運宮の年となるため、

準備を重ねてきた計画をスタートさせるには良い年です。協調性を大切にすれば良い結果が期待できます。

年盤の吉方位は、「北」「南西」となります。


甲辰(きのえたつ)三碧木星の2024年の二黒土星は福運宮の年となるため、

謙虚に努力すれば成果がもたらされる年、まじめにより一層の努力を心がけましょう。

年盤の吉方位は、「南西」となります。


乙巳(きのとのみ)二黒土星の2025年の二黒土星は中宮の年となるため、

何ごとも焦らず冷静に判断し、望み実現のための努力を積み重ねる年と心得ましょう。



●→2020年の二黒土星の運勢を詳しく見る

三碧木星の2020年~2025年の運勢グラフ

三碧木星の2020年~2025年の運勢グラフ


三碧木星の2020年・2021年・2022年・2023年・2024年・2025年の運勢を先読み

庚子(かのえね)七赤金星の2020年の三碧木星は困難宮の年となるため、

何ごとも思い通りには進展せず、ストレスのたまる一年となります。不用意な言動からのトラブルには注意しましょう。

年盤の吉方位は、「南西」「北東」となります。


辛丑(かのとうし)六白金星の2021年の三碧木星は準備宮の年となるため、

何ごとも控えめにし信用を高める努力をすれば、良い一年となります。

年盤の吉方位は、「東」「南」となります。


壬寅(みずのえとら)五黄土星の2022年の三碧木星は開運宮の年となるため、

新しいことをスタートさせるのに最適な年です。ただし、石橋をたたいて渡るような慎重さが必要です。

年盤の吉方位は、「西」「西北」「東」「東南」となります。


癸卯(みずのとのう)四緑木星の2023年の三碧木星は福運宮の年となるため、

これまで努力を重ねてきた人は、周囲の援助を得て何ごとも順調に進展する年となります。

年盤の吉方位は、「北」「南西」となります。

甲辰(きのえたつ)三碧木星の2024年の三碧木星は中宮の年となるため、

慎重な言動が大切な年となります。思いつきでの行動は慎みましょう。

年盤の吉方位は、「南西」となります。


乙巳(きのとのみ)二黒土星の2025年の三碧木星は強運宮の年となるため、

何ごとも積極的に行動して成果が手に入る年です。十分に準備をし決断のときに迷わないことが大切です。

年盤の吉方位は、「西」「東」となります。


●→2020年の三碧木星の運勢を詳しく見る

四緑木星の2020年~2025年の運勢グラフ

四緑木星の2020年~2025年の運勢グラフ


四緑木星の2020年・2021年・2022年・2023年・2024年・2025年の運勢を先読み

庚子(かのえね)七赤金星の2020年の四緑木星は準備宮の年となるため、

信頼を高める努力が必要な年です。思いつきでの行動は慎み確実で安全な選択が結果を呼びます。

年盤の吉方位は、「北」となります。


辛丑(かのとうし)六白金星の2021年の四緑木星は開運宮の年となるため、

何ごとも積極的に行動すればよい結果が得られる年です。迷うとチャンスを逃がす結果になります。

年盤の吉方位は、「北東」「南」となります。


壬寅(みずのえとら)五黄土星の2022年の四緑木星は福運宮の年となるため、

何ごとも協調性を大切にし、謙虚に努力すれば、思い通りの結果が得られる年です。

年盤の吉方位は、「北」「東」「南」となります。


癸卯(みずのとのう)四緑木星の2023年の四緑木星は中宮の年となるため、

積極的な行動を控え、冷静で慎重な判断が求められる年となります。

年盤の吉方位は「北」「南西」となります。


甲辰(きのえたつ)三碧木星の2024年の四緑木星は強運宮の年となるため、

チャンスに恵まれる年回りで、信念を持った決断がチャンスを生かす年となります。

年盤の吉方位は、「南西」となります。


乙巳(きのとのみ)二黒土星の2025年の四緑木星は気楽宮の年となるため、

まじめに努力をすれば、援助者を得てよい結果を得られる年となります。

年盤の吉方位は、「東南」となります。


●→2020年の四緑木星の運勢を詳しく見る

五黄土星の2020年~2025年の運勢グラフ

五黄土星の2020年~2025年の運勢グラフ


五黄土星の2020年・2021年・2022年・2023年・2024年・2025年の運勢を先読み

庚子(かのえね)七赤金星の2020年の五黄土星は開運宮の年となるため、

何ごとも積極的に全力で取り組めば、周囲の援助を得て思い通りに進展する年となります。

年盤の吉方位は、「西北」「東南」となります。


辛丑(かのとうし)六白金星の2021年の五黄土星は福運宮の年となるため、

私欲と迷いを抑えれば、何事も順調に進展する年となります。

誠意をもって人と接することが、更なる運気上昇につながります。

年盤の吉方位は、「西」「北」「東北」となります。


壬寅(みずのえとら)五黄土星の2022年の五黄土星は中宮の年となるため、

吉凶相半ばの運気で、冷静さ慎重さが運気を左右する年となります。

判断を間違うと大きく運気を下げる可能性が・・・・

年盤の吉方位は、「南」「西」「西北」「東北」となります。


癸卯(みずのとのう)四緑木星の2023年の五黄土星は強運宮の年となるため、

迷わず勇気をもって決断すれば、チャンスを引き寄せることができる年となります。

年盤の吉方位は、「南」「北」「東北」「東」となります。


甲辰(きのえたつ)三碧木星の2024年の五黄土星は気楽宮の年となるため、

重ねてきた努力を基礎として、物事を発展させていく年となります。

熱意を持て行動すれば何ごとも援助者を得てよい結果が得られます。

年盤の吉方位は、「南」「南西」「北」「北東」「東南」となります。


乙巳(きのとのみ)二黒土星の2025年の五黄土星は変化宮の年となるため、

自己主張を慎み慎重な言動が必要な年となります。

また、人間関係のトラブルには要注意の一年です。

年盤の吉方位は、「南」「東」「北」となります。


●→2020年の五黄土星の運勢を詳しく見る

六白金星の2020年~2025年の運勢グラフ

六白金星の2020年~2025年の運勢グラフ


六白金星の2020年・2021年・2022年・2023年・2024年・2025年の運勢を先読み

庚子(かのえね)七赤金星の2020年の六白金星は福運宮の年となるため、

何ごとも順調に進展する年となります。

また、あなたの本気度が試される年でもあります。

年盤の吉方位は、「北東」となります。


辛丑(かのとうし)六白金星の2021年の六白金星は中宮の年となるため、

吉凶相半ばの年、何ごとも焦るとトラブルを呼びます。

石橋をたたいて渡る慎重さが求められます。

年盤の吉方位は、「南」「西」「北」となります。


壬寅(みずのえとら)五黄土星の2022年の六白金星は強運宮の年となるため、

チャンスに恵まれますが、積極性と決断力を必要とする年となります。

年盤の吉方位は、「西」「北」「北東」となります。


癸卯(みずのとのう)四緑木星の2023年の六白金星は気楽宮の年となるため、

今までの努力が評価され、ステップアップできる年となります。

今年は、人間関係のトラブルは運気に大きく影響するので注意が必要です。

年盤の吉方位は、「南」「南西」「北東」となります。


甲辰(きのえたつ)三碧木星の2024年の六白金星は変化宮の年となるため、

出る杭は打たれる年となります。

自己主張を抑え慎重な言動を心がけましょう。

年盤の吉方位は、「南」「北」「東南」となります。


乙巳(きのとのみ)二黒土星の2025年の六白金星は頂上宮の年となるため、

積極性が求められる年となります。

また、迷いはチャンスを逃がす結果につながります。

年盤の吉方位は、「東南」となります。


●→2020年の六白金星の運勢を詳しく見る

七赤金星の2020年~2025年の運勢グラフ

七赤金星の2020年~2025年の運勢グラフ


七赤金星の2020年・2021年・2022年・2023年・2024年・2025年の運勢を先読み

庚子(かのえね)七赤金星の2020年の七赤金星は中宮の年となるため、

一度立ち止まって、冷静に自分の将来について考えるのには良い年となります。

現状の自分の立場が理解できれば、チャンスはおのずと訪れます。

年盤の吉方位は、「西北」「北東」「東南」となります。


辛丑(かのとうし)六白金星の2021年の七赤金星は強運宮の年となるため、

チャンスに恵まれる一年となります。

ただ、思い切ってジャンプする勇気の必要な年でもあります。

年盤の吉方位は、「南」「西」「北」となります。


壬寅(みずのえとら)五黄土星の2022年の七赤金星は気楽宮の年となるため、

積み重ねてきた努力が評価される年です。

また、目上の援助者が、ステップアップのチャンスをくれる兆しもあります。

年盤の吉方位は、「西北」「北」「北東」となります。


癸卯(みずのとのう)四緑木星の2023年の七赤金星は変化宮の年となるため、

周囲との協調性を大切にし、縁の下の力持ちに徹することで運気が安定する年となります。

年盤の吉方位は、「南」「東」となります。


甲辰(きのえたつ)三碧木星の2024年の七赤金星は頂上宮の年となるため、

積極的な言動がチャンスを引き寄せる年となります。

欲を出したり迷ったりするとチャンスを逃がす結果となります。

年盤の吉方位は、「北東」「東南」となります。


乙巳(きのとのみ)二黒土星の2025年の七赤金星は困難宮の年となるため、

運気が低迷し、迷いが生じやすい年となります。

迷いながら行動するとトラブルを引き寄せる原因となる年でもあります。

年盤の吉方位は、「東南」となります。


●→2020年の七赤金星の運勢を詳しく見る

八白土星の2020年~2025年の運勢グラフ

八白土星の2020年~2025年の運勢グラフ


八白土星の2020年・2021年・2022年・2023年・2024年・2025年の運勢を先読み

庚子(かのえね)七赤金星の2020年の八白土星は強運宮の年となるため、

思いがけないチャンスが多く訪れる年となります。

何ごとにも迷わずに挑戦することが肝心です。

年盤の吉方位は、ありません。


辛丑(かのとうし)六白金星の2021年の八白土星は気楽宮の年となるため、

思いがけない援助者を得て、チャンスを手に入れる年となります。

また、今年の努力が将来の基礎となる重要な一年でもあります。

年盤の吉方位は、「北」「北東」となります。


壬寅(みずのえとら)五黄土星の2022年の八白土星は変化宮の年となるため、

吉凶入り混じった一年となります。

自我を抑え、慎重な言動と協調性を大切にしましょう。

年盤の吉方位は、「南」「西」「西北」となります。


癸卯(みずのとのう)四緑木星の2023年の八白土星は頂上宮の年となるため、

欲からの迷いに要注意な年となります。

何ごとにも欲を出さずチャレンジすれば結果はついてきます。

年盤の吉方位は、「北東」「東」となります。


甲辰(きのえたつ)三碧木星の2024年の八白土星は困難宮の年となるため、

運気が低迷し、トラブルを引き寄せやすい年となります。

焦らず立ち止まって、方向修正をする年としましょう。

年盤の吉方位は、「南西」「北東」「東南」となります。


乙巳(きのとのみ)二黒土星の2025年の八白土星は準備宮の年となるため、

積み重ねてきた信用を失わないように慎重な言動を心がける年となります。

特に思い付きでの行動は、後悔を呼びます。

年盤の吉方位は、「南」「北」「東」となります。


●→2020年の八白土星の運勢を詳しく見る

九紫火星の2020年~2025年の運勢グラフ

九紫火星の2020年~2025年の運勢グラフ


九紫火星の2020年・2021年・2022年・2023年・2024年・2025年の運勢を先読み

庚子(かのえね)七赤金星の2020年の九紫火星は気楽宮の年となるため、

重ねてきた努力が評価される嬉しい年となります。

周囲への気配り忘れなければ、さらにチャンスが広がる年となります。

年盤の吉方位は、「南西」「西北」「北」となります。


辛丑(かのとうし)六白金星の2021年の九紫火星は変化宮の年となるため、

人間関係でのトラブルに注意が必要な年となります。

慎重な言動を心がけましょう。

年盤の吉方位は、「東」「北」「西」となります。


壬寅(みずのえとら)五黄土星の2022年の九紫火星は頂上宮の年となるため、

積極的に行動すれば、運気も安定する年となります。

ただ、欲からの迷いが生じやすい年でもあります。

年盤の吉方位は、「北東」「東」「東南」となります。


癸卯(みずのとのう)四緑木星の2023年の九紫火星は困難宮の年となるため、

運気が低迷し、トラブルを引き寄せやすい一年となります。

また、何ごとも慎重に冷静な判断断が求められる年でもあります。

年盤の吉方位は、「東」となります。


甲辰(きのえたつ)三碧木星の2024年の九紫火星は準備宮の年となるため、

何ごとも正攻法で基本に忠実に取り組むことが運気の安定につながります。

年盤の吉方位は、「北」「東南」となります。


乙巳(きのとのみ)二黒土星の2025年の九紫火星は開運宮の年となるため、

努力を積み重ね準備を進めてきたことを、スタートさせるチャンスの年となります。

何ごとも積極的に行動を、迷いはチャンスを逃がす原因になります。

年盤の吉方位は、ありません。


●→2020年の九紫火星の運勢を詳しく見る

九星気学
今日のおみくじ